病院のご案内

病院概要

病院の概要

病院名 どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこう みやぎびょういん
独立行政法人国立病院機構 宮城病院
郵便番号及び所在地 〒989-2202
みやぎけんわたりぐんやまもとちょうたかせあざかっせんはらひゃくばんち
宮城県亘理郡山元町高瀬字合戦原100番地
電話番号 (0223)37-1131(代表)
FAX番号 (0223)37-3316(代表)
病院管理者
院長 :永野 功(ながの いさお)
副院長 :久永 欣哉(ひさなが きんや)
特命副院長 :安藤 肇史(あんどう ただし)
事務部長 :藤田 康博(ふじた やすひろ)
看護部長 :中野 良子(なかの りょうこ)
薬剤部長 :飯村 靖(いいむら やすし)
敷地・建物
敷地面積 :202,608平方メートル
建物面積 :32,029平方メートル
病床数(医療法) 344床(一般344床)
所管保健所名 宮城県塩釜保健所
承認事項・施設基準 【承認事項・施設基準等】を参照
標榜診療科
・内科 ・神経内科 ・呼吸器科 ・消化器科 ・循環器科 ・アレルギー科
・小児科 ・外科 ・整形外科 ・脳神経外科 ・リハビリテーション科
・放射線科 ・麻酔科 ・歯科
専門外来
神経難病・パーキンソン病外来 神経内科 外来にて随時受け付け
ALS外来
ものわすれ外来 神経内科 外来にて随時受け付け
漢方外来 月・木曜日
頭痛外来 神経内科 外来にて随時受け付け
主な診療機能
宮城県神経難病ネットワーク拠点病院
筋萎縮性側索硬化症(ALS)、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、多発性硬化症など、神経難病に対する神経内科の専門医療および機能的脳神経外科専門医療
脳卒中ユニット医療
脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など急性期脳卒中に対する神経内科と脳神経外科の連携による医療
総合リハビリテーション施設・難病患者リハビリテーション施設
脳血管障害に対する急性期から社会復帰までの一貫したリハビリテーション医療
失語症、高次脳機能障害、構音障害、嚥下障害などに対するリハビリテーション医療
高齢化に伴う認知症、高次機能障害に対する長寿医療
重症心身障害児(者)に対する専門医療
高血圧症、糖尿病、動脈硬化症などに対する内科医療
消化器系疾患に対する医療
気管支喘息などアレルギー疾患に対する専門医療
エイズ治療拠点病院
脳ドック(脳の健康診断)
主な臨床研究
パーキンソン病の薬剤・手術による総合的治療に関する研究
失語症、高次脳機能障害・構音障害・嚥下障害とそのリハビリテーションに関する研究
脳卒中の再発防止に関する研究
筋萎縮性側索硬化症の臨床治験研究や患者自立支援に関する研究
指定医療
保険医療機関
労災保険指定病院
生活保護法指定病院
感染症指定病院(結核)
療育医療指定病院(小児結核)
児童福祉法(療育医療・育成医療)
戦傷病者特別援護法指定病院
特定疾患治療研究事業取扱病院
小児慢性特定疾患治療研究事業取扱病院
専門(認定)医教育機関
日本神経学会認定教育施設
日本リハビリテーション医学会認定研修施設
日本脳神経外科学会認定専門医訓練施設
協力型臨床研修病院施設
主要医療機器
平成25年4月1日現在
磁気共鳴断層撮影装置(MRI)1.5T 1台
血管連続撮影装置(Cアーム型)30F/sec 1台
SPECTガンマカメラ(頭部用2検出器)脳機能画像解析(3D-SSP)付 1台
全身用コンピュータ断層撮影装置(マルチスライスCT16列)1R/0.4sec 1台
診断用X線撮影装置(CRシステム付) 2台
X線テレビ装置(高解像度CCD、観察用高精度モニター付) 1台
生化学自動分析装置 1台
電気生理検査システム(脳波、筋電図、神経筋伝導測定) 1台
定位脳手術装置(マイクロサージャリー付) 1台
手術顕微鏡 1台
超音波診断装置(ドップラー機能付) 2台
上部消化管ファイバースコープ 1式
気管支ファイバースコープ 1式
大腸ファイバースコープ 1式
血圧脈波測定装置 1台
脳神経外科手術用ドリルセット 1式
沿革
昭和14年2月28日 傷兵保護院傷い軍人宮城療養所として創設
昭和14年4月15日 軍事保護院傷い軍人宮城療養所と改称
昭和20年12月1日 厚生省に移管、国立宮城療養所として発足
昭和22年7月1日 国立療養所山下松風園を統合
昭和45年4月1日 国立療養所宮城病院に改称
平成16年4月1日 独立行政法人国立病院機構宮城病院に改称
平成26年6月6日 病院機能評価一般病院2認定(Ver.1.0)

施設基準・承認事項等

施設基準の届出事項

一般病棟入院基本料 10:1 検体検査管理加算(V)
障害者施設等入院基本料 10:1 神経学的検査
救急医療管理加算 CT撮影及びMRI撮影
医師事務作業補助体制加算2 100:1 無菌製剤処理料
急性期看護補助体制加算50:1 脳血管疾患等リハビリテーション料(T)
特殊疾患入院施設管理加算 運動器リハビリテーション料(T)
重症者等療養環境特別加算 呼吸器リハビリテーション料(T)
強度行動障害入院医療管理加算 障害児(者)リハビリテーション料
栄養サポートチーム加算 集団コミュニケーション療法料
医療安全対策加算1 脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。)
及び脳刺激装置交換術、脊髄刺激装置植込術
及び脊髄刺激装置交換術
感染防止対策加算2
患者サポート体制充実加算
退院支援加算2 輸血管理料II
夜間休日救急搬送医学管理料 歯科外来診療環境体制加算
ニコチン依存症管理料 クラウン・ブリッジ維持管理料
開放型病院共同指導料T 診療録管理体制加算2
薬剤指導管理料 地域包括ケア病院入院料1
データ提出加算2 胃瘻造設術
医療機器安全管理料1 廃用症候群リハビリテーション科(T)
胃瘻造設時嚥下機能評価加算 手術・処置における休日・時間外・深夜加算1
平成28年1月1日  〜  平成28年12月31日
区分1に分類される手術 ア 脳刺激装置植込術・脳刺激装置交換術 68件
  脊髄刺激装置植込術・脊髄刺激装置交換術 3件
  胃瘻造設術 10件

当院は、入院食事療養費(T)の届出を行っており、管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)、適温で提供しています。

保険外負担に関する事項

  • 当院では、以下の事項について、内容に応じた実費の負担をお願いしています。
  • 証明書・診断書料(税込):1通につき 2,160円〜7,560円(別途掲示)
  • インフルエンザ等の予防接種に係る費用

なお、衛生材料等の治療(看護)行為及びそれに密接に関連した「サービス」や「物」についての費用徴収や、「施設管理費」等の曖昧な名目での費用の徴収は、一切認められていません。

保険外併用療養費に関する事項

当院では、特別の料金を徴収するものとして以下の事項について届出ています。

  • 特別の療養環境の提供(特別室)に関する事項

当院では、療養環境の向上を図るため、特別の療養環境(個室)を提供しています。

病棟名 1日の料金(税込) 室数
中央病棟3階 3,240円 10室
4,320円 9室
6,480円 1室
中央病棟4階 3,240円 6室
4,320円 10室
南a病棟 3,240円 8室
南b病棟 3,240円 4室
  • 病院の初診に関する事項

紹介状をお持ちでない初診の方は、緊急その他やむを得ない事情がある場合を 除き、初診に係る費用として医科2,700円(税込)、歯科432円(税込)を申し受けます。

  • 点数表に規定する回数を超えて受けた診療に関する事項
診療の名称 1回の料金(税込)
脳血管疾患等リハビリテーション料 2,646円
廃用症候群リハビリテーション料 1,944円
運動器リハビリテーション料 1,998円
呼吸器リハビリテーション料 1,890円
  • 入院期間が180日を超える入院に関する事項

中央病棟4階に入院されている方で、入院の必要性が低いが患者側の事情により入院期間が180日を超えた場合は1日2,158円(税込)を申し受けます。

外来受付のご案内

診療・受付時間

午前8時15分〜11時00分

休診日

土・日曜日及び祝日、年末年始等は休診日です。

面会時間

早朝や午後9時以降の面会はご遠慮ください。

お電話でのお問い合わせ

0223-37-1131

交通アクセス

お問い合わせ

病院のご案内

脳ドック・脳検診

調達情報

採用情報

宮城病院の取り組み

看護部のご紹介

パーキンソン病センター

ALSケアセンター

地域医療連携室

病院機能評価

お知らせ・開催行事

診療情報の提供について

Instagram


Copyright © Miyagi Hospital Co.,Ltd ALL Right Reserved.